読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Words Evaporate on My Tongue

Translation, books, films, and Oxford commas.

翻訳百景

実務翻訳者になって一年。初心者とは言えないがベテランには程遠く、翻訳の面白さに夢中になりながら、悩みも増えてきた。そんなタイミングで、この本に出会えて本当に良かった。最初の数ページを読んだだけで、なんだか泣きそうにさえなってしまった。ジャ…

後ろ髪

去年タイミングが合わず諦めた文芸翻訳の講座が受付中なのを知り、値段も確かめずに即申し込み。こういう時だけ財布がゆるい。映像翻訳に本腰入れる前に、文芸翻訳での適性を確かめたかったのもある。二兎を追う者は一兎をも得ず。後ろ髪引かれているんであ…

夢じゃない

かつての翻訳勉強仲間と2年ぶりの再会。お互いちゃんと翻訳者になっていた。偉いぞ私たち。 知らない業界の話も聞けたし、自分の翻訳についても振り返る良い機会だった。死ぬまで翻訳をやりたいといって「私も!」と同意してくれる仲間が、私にはいたんだな…

A Little Life: A Novel by Hanya Yanagihara

かれこれ4カ月かけてペーパーバック×Audibleで読んだ本「A Little Life」。読み始めたきっかけは、私の好みに合うことが多いブッカー賞にノミネートされていたこと。著者のHanya Yanagiharaという名前が気になるが、父がハワイ出身のアメリカ人、母は韓国出…

映像翻訳Web講座 修了

映像翻訳の最後の課題が終わった。修了まで結局4年もかかったけど(最短22カ月のコースなのに)、得たものは大きかったと思う。 その4年間にはいろいろなことがあった。映像翻訳の勉強を先に始めたけど、実務翻訳者になったのが先だった。映像翻訳が実務翻訳…

ほんやく検定

A「子供がインフルエンザになっちゃって」私「あら、Aさん大丈夫だったんですか?」A「うん、僕一回もインフルエンザかかったことない」私「え? 生まれてこのかた?」A「うん、たぶんレセプターが欠損してるんだよね」私「え!? レセプターが欠損!!…

数字の意味

インスタグラムでフォローしていた女の子が亡くなった。4歳で、非常に稀な悪性脳腫瘍だった。生後わずか数カ月で発症し、短い人生の大半を手術と化学療法と放射線療法に費やした。もう緩和療法に移るしかないという時になってようやく、新しいがん免疫療法…

晩春 デジタル修復版

www.youtube.com 小津安二郎『晩春』と山中貞雄『河内山宗俊』の二本立てで映画初め。河内山宗俊をフィルムで観られたのも良かったけれど、4Kリマスター版の晩春(の原節子!)は頭がくらくらするほど美しかった。古いフィルムにありがちな、日本映画なのに…

メリークリスマス

父親にモミの木のリースを贈った。この3連休は宿題で缶詰め。最近本業でも字幕やナレーションを手がける機会があり、知識が役に立ってうれしい。学校も残すところ2カ月。腕を磨かないと。 余談 外資系で働いているのだが、やはり最近は「Merry Christmas」…

Irrational Man

www.youtube.com ウディ・アレンがどうしても観たくて、宿題そっちのけで劇場へ。ウディ・アレンの映画のいいところは、基本的にいつも同じ、それでいていつも素晴らしい、というところ。真っ当な映画体験が欲しくて、ウディ・アレンを観る。 今回はしかし、…

山椒魚

仕事では、日英3:英日7くらいの割合で訳している。訳しておいてこんなこと言うものではないが、将来は英日に絞りたいと思っている。母国語が日本語である以上、英語のネイティブには一生なれないのだし、日本語が下手な日本人翻訳者の訳文を読むたびぞっ…

ホッキョクグマ

学校の課題。2カ月かけて、極地の生態系に関する1時間枠のドキュメンタリーに字幕を付け終わった。平日はたいして時間を割けないので、休日に7時間くらいかけて取り組んでいる。これじゃ仕事しているのと変わらない。わりとスパルタなコースだと思う。当…

ダブリンの本屋さん

忘れないうちにメモ。今回ダブリン滞在中に行った本屋さん。 ・Chapters Bookstore・Stokes Books・Temple Bar Book Market・The Secret Book & Record Store・Hodges Figgis・OxfamBooks アメリカやカナダで本屋だのブックバザーだのに行けば、10冊も20冊も…

I, DANIEL BLAKE

www.youtube.com 外国で必ずやることの一つが、映画館で映画を観ること。どこでも似たり寄ったりのシネコンより、名画座やアートハウスを探すことが多い。ダブリンではアイルランド映画でひかれるものがなく、Light House Cinemaにてイギリスの名匠ケン・ロ…

アイスランド

ダブリン経由で、アイスランドの旅へ。火山も氷河もオーロラも海も滝も温泉も、目に入るもの全てが雄大で素晴らしかった。蛇口をひねれば温泉が出て、どこへ行っても絶景が広がっていて、空を見上げればオーロラが出て、なんだか極楽に成仏してしまったよう…

映像翻訳

映像翻訳の勉強を始めてかれこれ約4年が経つ。コースが終わるたびに半年や1年単位で休憩を挟んでいるせいで、最短所要期間の2倍近くかかっている。大学で映像翻訳の授業を取ったのがきっかけか、映画館時代の先輩に「ザジは字幕翻訳者になればいいじゃん…

Binge by Tyler Oakley

エリンギちゃんが外国へ行ってしまうので、長旅のおともにAudibleをチョイス。朗読が本人なので感覚としてはPodcastを聞いているのとほとんど変わらない。Audibleリスナー向けのコメントがちょくちょく挿入される。 www.audible.com タイラー・オークリーは…

The Girl on the Train

エリンギちゃんに「なんか軽いタッチのAudible聞きたい」とリクエストしておすすめされた一冊。結果、全然軽いタッチではなかった。むしろギスギスドロドロの愛憎劇であった。なんで騙したんだろう。 www.audible.com 内容は確かに面白いしナレーションも凄…

The After-Dinner Gardening Book

2014年夏、カナダのモントリオールから夜行バスでニューヨークを訪れた。ある映画祭である監督の付き添いをするためだったけれど、古本屋めぐりの時間は確保。これはたぶん、Strand Book Storeの外の古本コーナーで買ったと思う。挿絵が多くて面白そうだった…

Slaughterhouse-Five

1969年出版、カート・ヴォネガットの代表作。オタワ郊外の小さな町、カールトン・プレイスの「The Book Gallery」というカナダ最大(自称?)の古本屋さんで購入。個人的に思い入れの強い一冊だけど、選んだのはわたしではなく店の老主人。何を読むべきか相…